旭松堂~老舗店のバナナ最中|青森県/弘前市|グルメ|Locolle ローコレ

旭松堂~老舗店のバナナ最中

今回弘前市の本町にあります
旭松堂(きょくしょうどう)というお菓子屋さんに行ってきました。

昭和初期、バナナは希少な食べ物でした。
そんな時代に津軽地方でできたお菓子バナナ最中と
干(ほし)の梅、夜ざくらを買ってきました。

干の梅。


梅漬けにしたしその葉で小豆あん入りのお餅が包まれています。
梅としその酸味と周りのお砂糖で甘酸っぱく、中のあんこが優しい甘さです。


夜ざくら。


桜の焼きの真ん中にクルミが乗っています。
新鮮な卵黄をたっぷりと贅沢に使った桃山餡で、中に粒あんが入っています。
こしあん派な私ですが、あまり皮は気にならず食べやすかったです。
口の中に上品な、しかししっかりとした甘さが広がります。


バナナ最中。


和紙のようなうっすら透けて見える袋に入った最中。
一緒に入っていた紙には「夢菓子(むかし)なつかし」と当て字で書かれ
バナナをなかなか食べられなかった昭和のころから
みんなが夢中で食べていたんだろうと想像させます。

軽くさくっとした皮にバナナの香りがついた白あんがたっぷり詰まっていて
香りがついているだけなのに、本当のバナナを食べているような風味がします。
バナナ最中は旭松堂の初代が上京の際に食べた後、お菓子で模したのが始まりだそう。


大正5年という昔々から菓子店を営業している老舗。
昭和初期には希少で高価なバナナをみんなが味わえるよう作られたバナナ最中。

弘前市内の他のお菓子屋さんでも見かけることがあるかもしれませんが
そんな昔からある旭松堂さんのバナナ最中を食べてみてください。

地元のお友達にも、遠くの親戚やお友達にもお土産に
弘前の珍菓「バナナ最中」を持って行ってはいかがでしょうか?


おまけで"ビスケット饅頭"というお菓子をいただきました。

見た目がビスケットのようになって可愛いですが
おまんじゅうなので厚みがあります。
外側の皮の部分がケーキのように甘く中は白あんでも
和菓子感が少なく、和菓子が苦手という方も食べやすいかと思います。

甘いものをいっぱい食べて幸せになりました。
洋菓子に比べるとカロリーも抑えられるので
気にせずペロッと食べてしまいました。
また機会があれば買いに行きたいと思います。
ジャンル
グルメ / 和菓子
エリア
青森県 / 弘前市
投稿日
2015.8.6
制作者
Reporter HalyEditor fk
プレイスインフォメーション
旭松堂
〒036-8203 青森県弘前市本町 青森県弘前市 本町102−1
営業時間:午前8:00~午後7:30
定休日:毎月10日・25日
詳しくみる
Locolle ローコレ TOP
記事検索
店舗・施設検索
グルメ
イベント
特産品
クラフト
特集
建築・アート
LIFE
Model
Photographer
店舗・施設ログイン
新規掲載について
お問い合わせ
利用規約
運営 Aggregate
Locolle ローコレ TOP