GW初日、外濠のさくらは予想通り南側と東側が本日満開の模様です。- 2014|青森県/弘前市|旅|Locolle ローコレ

GW初日、外濠のさくらは予想通り南側と東側が本日満開の模様です。
- 2014年4月26日 –

天気 晴れ
気温 23℃|8:00~9:40

本日はゴールデンウィーク初日ということもあり、弘前公園には朝からたくさんの花見客が訪れています。

お天気にも恵まれて本丸や、三の丸ピクニック広場、四の丸では
たくさんの大きなブルーシートが敷かれ、場所取りの方々が座っていました。

下乗橋ではカメラを持った方々や、天守閣をバックに撮影する人達が後をたちません。

いつもは下乗橋側から本丸天守閣を見上げていますが、今日は天守閣の上から下乗橋を撮影してみました。
天守閣から見る下乗橋と桜もまた新鮮です。


向きを変えて見ると岩木山が見えます。

もうひとつ向きを変えると、天守閣真横が掘り起こされています。
これは弘前城石垣修理事業でまず石垣の内側を調べるためとのことです。

石垣修理の時は天守閣が芝生の上に移動するとのことです。
想像がつきませんが、これもまたなかなか見ることができない風景ではないかと思います。

本丸のシダレザクラや弘前シダレは、昨日にも増してたっぷりと咲かせた花で重そうに枝が垂れています。

有料区域を抜け桜のトンネルに向かうと、西濠でボートに乗っている人を見かけました。
こちら側も桜が咲いてきたので、ボートに乗る人も増えたようです。


写真右側の桜は咲いていましたが、左側は日陰の時間が長くまだ蕾が多いようです。

ボートに乗ることができるのはさくらまつり期間中の9:00~17:00です。
60分1,000円で乗ることができます。


去年から弘前市役所の屋上を花見客の為に解放しています。
屋上からの眺めを見る為、追手門向かいの市役所へ行ってみました。

外濠はほぼ満開の様子なので、遠目に見るのも追手門の松の緑とのコントラストで綺麗です。


弘前公園は花見客で賑わい、テレビの撮影も行われていました。
私が下乗橋を訪れたときは、青森朝日放送の「夢はここから生放送 ハッピィ」
の撮影前の打ち合わせがおこなわれていました。

今年はゴールデンウィーク初日と桜の見ごろが重なり、人出も昨年を上回る10万人が来場しているということです。
遠方から訪れている方もたくさんいました。
弘前公園は広く地元でない方は、見どころなどがわからないこともあると思います。

そんな方には無料ボランティアガイドの方々がいますので、利用してみてはいかがでしょう。
時間や知りたい内容、桜の開花状況に合わせ、公園内の案内をしてくれるそうですよ。



今日の追手門広場では津軽笛の会による「笛ッシュモブ」も行われたようです。
フラッシュモブのねぷた囃子バージョンのようです。
後日、津軽笛の会サイトやYoutubeで動画がアップされるようですので、楽しみです。

観光客の方にさくら以外でも弘前を楽しんでもらう為におもてなしプロジェクト2014と題して
とげ栗ガニ汁振る舞いなど様々なイベントが催されているようです。

イベントが盛りだくさんの弘前市立観光館の建物は、鏡張りの建物となっています。
この外壁に映る桜がまた綺麗でした。


一番賑わっていた追手門前は、どこまでも続くお濠の桜に吸い込まれそうになりました。
見ていた方達も口々に「綺麗」と呟いていました。

ジャンル
/ 弘前さくら情報2014
エリア
青森県 / 弘前市
投稿日
2014.4.26
制作者
Reporter YucchiEditor さいかmyu
プレイスインフォメーション
弘前城
〒036-8356 青森県弘前市下白銀町1
営業時間:
定休日:
詳しくみる
Locolle ローコレ TOP
記事検索
店舗・施設検索
グルメ
イベント
特産品
クラフト
特集
建築・アート
LIFE
Model
Photographer
店舗・施設ログイン
新規掲載について
お問い合わせ
利用規約
運営 Aggregate
Locolle ローコレ TOP